メニューをスキップします

一般財団法人 自然環境研究センター

トップ > 業務案内 > 希少種保全 > レッドリスト等作成に関する業務

ここから本文です

レッドリスト等作成に関する業務

レッドリストとは絶滅のおそれのある野生生物種について、種毎に絶滅のおそれを評価した結果をとりまとめたリストです。希少種保全を進めるにあたっては、基礎的かつ大変重要なこのリストの作成等に、当センターでは古くから関わっています。

 

レッドリストの作成および見直し

レッドデータブック
レッドデータブック

当センターでは、日本に生息する野生生物に関する絶滅の危険度を、各分類群の専門家等と共に生物学的な観点から科学的に評価を行い、長期にわたり国のレッドリスト作成や見直しに関わってきました。また、国の海洋生物レッドリスト作成にも関わったほか、都道府県版のレッドリスト作成の実績もあります。

 

 

レッドデータブック作成

レッドデータブック2014
レッドデータブック2014

レッドデータブックはレッドリストに掲載された種について、形態や分布域などの基礎情報、現在の生息状況、存続を脅かす要因などについて種毎にとりまとめ、希少種の現状を一般に普及啓発することを目的の一つとしています。
当センターでは、各分類群の多くの専門家から情報や意見などをとりまとめてデータの整理を行い、レッドデータブックの編纂を行ってきました。

 

 

ページの先頭へ