メニューをスキップします

一般財団法人 自然環境研究センター

トップ > 業務案内 > 希少種保全

ここから本文です

希少種保全

近年、乱獲や開発などにより多くの種が絶滅に瀕したり、脆弱な生態系が消失しつつあります。絶滅のおそれのある野生生物の保全については、種の保存法に基づく国内希少野生動植物種の指定などにより、その捕獲・譲渡等の規制や、保護増殖事業計画の策定による個体の繁殖の促進や生息・生育環境の保全などの事業が実施されています。加えて、絶滅のおそれのある種の保全のためには、それらの種の生態情報、生息・生育状況や減少要因、保全状況、保全技術等の知見を集積することが不可欠です。

当センターでは、これまでの豊富な知見や実績を基に、絶滅に瀕する種や、保護上重要な地域などの保護対策にかかる業務を行い、希少種の保全に大きく貢献しています。

 

 

ページの先頭へ