メニューをスキップします

一般財団法人 自然環境研究センター

トップ > 業務案内 > 制度や政策の策定支援

ここから本文です

制度や政策の策定支援

生物多様性を保全するには地域における取組みが重要ですが、これらを現実に推し進めるためには国や地方公共団体が制度・政策の方向性を示すことが求められます。

当センターは、こうした制度・政策の策定を支援する業務を行っています。例えば、生物多様性国家戦略や生物多様性地域戦略のような総合的な計画を定めるにあたり、情報の収集・解析、現状の評価などを行って決定プロセスの全般を支援しています。また、鳥獣の保護管理、希少種の保全、外来種対策など各分野における法制度や計画を定めるにあたっても、同様な業務に携わっています。さらに、これらに関わる国際的な情報収集や合意形成も支援しています。

各地域におけるさまざまな業務で培ったデータ・知見や研究者とのネットワークを活かし、現状に即した科学的に妥当な提案を行うとともに、国や地方公共団体の業務に関する豊かな経験をもとに行政実務に役立つ成果を生み出しています。

 

 

ページの先頭へ