メニューをスキップします

一般財団法人 自然環境研究センター

トップ > 業務案内 > 技術開発・普及啓発

ここから本文です

技術開発・普及啓発

現在、外来種や農林業被害を引き起こす鳥獣の駆除を行う現場において、これまでの手法では対応しきれない状況が生じています。

当センターではツマアカスズメバチといった昆虫類、グリーンアノールやアカミミガメといった爬虫類、マングースやニホンジカなどの哺乳類など、様々な動物を対象に効率的な捕獲、駆除がおこなえるよう、様々に工夫を凝らしながら手法を開発しています。また、これまで培った技術や経験を踏まえ、自然環境に関する様々な情報の普及を目的とした各種研修の開催や講師の派遣、印刷物の企画・編集などを幅広く行い、多面的に自然環境保全の推進に努めています。

 

 

ページの先頭へ