メニューをスキップします

一般財団法人 自然環境研究センター

トップ > 業務案内 > 技術開発・普及啓発 > 技術開発

ここから本文です

技術開発

近年、生物多様性保全のために、保全の現場において新たな対応が求められています。全国各地における外来種の侵入・定着や、ニホンジカなどの鳥獣の急速な分布拡大といった問題には、従来の手法で対応しきれない場合があります。  

当センターでは、こうした喫緊の課題に先駆的な手法で取り組んでいます。例えば、 希少種が分布する島嶼での外来種駆除、高山・亜高山帯に侵出したニホンジカへの対策、 狩猟者が減少するなかでの捕獲効率の向上など、先例がない状況のもとで、対象とする 生物や地域の特性に応じて創意工夫しながら、新たな技術を開発して成果をあげています。

 

自動通報システム

自動通報システム
自動通報システム

わな(箱わなやくくりわな等)の毎日の見回りの労力を軽減するとともに、それに伴う経費を削減することを目的に自動通報システムを開発しました。

 

自動通報システムを導入した捕獲作業の流れ
自動通報システムを導入した捕獲作業の流れ

 

くくりわな

くくりわな
くくりわな

捕獲効率が高く、設置作業が容易で、奥山までの運搬を容易とする軽量なくくりわなを、オリモ製作販売株式会社と提携して開発しました。

 

 

イノシシ・キョン探索犬

イノシシ・キョン探索犬
イノシシ・キョン探索犬

イノシシによる農作物への被害を軽減させるためには加害個体の特定が重要です。また、特定外来生物であるキョンを根絶するためには、薮に潜むキョンを探索する技術が必要です。警察犬や災害救助犬のように使役犬として訓練され、残臭を追跡する犬を使うことで高い確率で加害個体を特定し、効率的に捕獲を行っています。

 

 

グリーンアノールトラップ

アノール粘着トラップ
アノール粘着トラップ

グリーンアノールを駆除するため、特殊な素材を利用した侵入防止柵や捕獲効率の高いトラップ(捕獲器)の開発に取り組んでいます。当センターが開発した「アノール粘着トラップ」は小笠原や沖縄などで使用され、成果をあげています。

 

 

マングーストラップ

工夫を凝らしたマングーストラップ
工夫を凝らしたマングースト
ラップ

特定外来生物であるフイリマングースを効果的に捕獲するため、作業がしやすく、他の動物が捕獲されにくい新しいワナの開発や、探索犬の導入、精度の高いモニタリング調査手法を考案しています。

 

 

ページの先頭へ