メニューをスキップします

一般財団法人 自然環境研究センター

トップ > 業務案内 > 希少種保全 > 希少種の保全技術向上

ここから本文です

希少種の保全技術向上

保護増殖事業の対象種以外にも、生息域外保全の推進や保全技術と、生息域内保全を組み合わせた効果的な保全方策を進めるために、様々な知見や技術を結集して保全技術向上に貢献しています。

 

トゲネズミ類の生息域外保全にかかる業務

アマミトゲネズミ
アマミトゲネズミ

関係動物園等と連携をとりながらファウンダー個体(飼育下繁殖に供する野生個体)を捕獲したり、飼育繁殖計画を検討するなど、トゲネズミ類の生息域外保全を推進しています。

 

 

ミヤコカナヘビの生息域外保全にかかる業務

ミヤコカナヘビ
ミヤコカナヘビ

ミヤコカナヘビは国内希少野生動植物種に指定されていますが、分布や生態等の基本的な情報が著しく不足している種です。
当センターでは、大学研究機関などと連携しながら、分布や個体数の調査を実施したほか、植生等の生息環境調査も実施して、ミヤコカナヘビの保全技術向上に貢献しています。

 

 

 

ページの先頭へ