メニューをスキップします

一般財団法人 自然環境研究センター

トップ > 業務案内 > 外来種対策 > 外来種防除・モニタリングの取組み

ここから本文です

外来種防除・モニタリングの取組み

当センターでは、国や地方自治体における外来種対策の政策支援を行うとともに、実際に外来種問題が生じている現場での防除対策(計画立案・調査・捕獲等)や、これから侵入のおそれのある外来種の水際監視のためのモニタリング調査等を継続的に実施しています。

 

マングース防除(奄美大島)

マングースパスターズ
マングースパスターズ

特定外来生物であるフイリマングースの根絶を目標とした環境省の防除事業を実施しています。平成17(2005)年からは「奄美マングースバスターズ」による捕獲を実施し、平成19(2007)年からはマングース探索犬も導入して、効率的・効果的に捕獲作業を進めています。マングースの個体群の縮小に成功し、奄美固有の生態系の回復に貢献しています。

 

 

ネズミ類

ヘリコプターによる殺鼠剤散布
ヘリコプターによる殺鼠剤散布

小笠原等の島嶼では外来のネズミ類が鳥類や植物、陸産貝類などに食害を及ぼし、生態系に深刻な影響をもたらしています。外来ネズミ類を駆除し、地域の生態系を保全するために、殺鼠剤を用いた計画的な防除に取組んでいます。

 

 

キョン(伊豆大島)

キョン探索犬
キョン探索犬

特定外来生物であるキョンが野生化し、個体数増加と分布拡大に伴う自然植生への影響や農作物被害などの問題が起きています。東京都キョン防除実施計画に基づき、根絶を図ることを目的とした事業を行っています。

 

 

アカミミガメ、カミツキガメ

わなで捕獲した多数のアカミミガメ
わなで捕獲した多数のアカミ
ミガメ

外来カメ類の生息実態調査や防除手法の検討・開発等を行っています。これまでにアカミミガメやカミツキガメの防除に取り組んだ実績があります。

 

 

グリーンアノール

在来種(オガサワラゼミ)を捕食したグリーンアノール
在来種(オガサワラゼミ)を
捕食したグリーンアノール

世界遺産に登録された小笠原諸島において、さまざまな外来種対策を実施しています。なかでも小笠原固有の希少な昆虫類への影響が大きいグリーンアノールの防除は平成19(2007)年頃より継続して実施しており、封じ込めや地域的根絶に向けた取組みを行っています。

 

 

ツマアカスズメバチ

ツマアカスズメバチ
ツマアカスズメバチ

ツマアカスズメバチは平成24(2012)年に国内で初めて長崎県対馬市で発見された外来昆虫です。
当センターでは従来利用されていたペットボトルトラップをツマアカスズメバチ用に改良して防除作業を行うと共に、これを使った地域住民による大規模な防除の支援も実施しています。平成28(2016年)には前年と比べて巣の数が1/5に減少しています。

 

 

アルゼンチンアリ、ヒアリ等

アルゼンチンアリ
アルゼンチンアリ

非意図的に侵入するおそれのある外来種は水際での防除が重要となります。当センターでは主要な港湾・空港において毎年、アルゼンチンアリをはじめとする外来アリ類のモニタリング調査に継続的に携わり、拡散防止に貢献しています。また平成29(2017)年に国内で初めてヒアリが確認された際には、主要7港において緊急調査・緊急防除を実施しました。

 

 

ページの先頭へ