ホーム > センター概要 > 業務内容 > 野生生物の保護管理

センター概要

ここから本文です

野生生物の保護管理

発信器をつけたニホンジカ

近年、開発や乱獲などの人間活動によって、多くの生物種が絶滅したり、湿原や山岳地帯における脆弱な生態系が消失するなどの危機が懸念されています。その 一方で、農林水産業被害など、人間の生産活動に大きな影響を与えている野生鳥獣もあります。また、国外や国内の他地域から意図的・非意図的に生物種が導入 されることにより、在来種に様々な影響が生じています。このような問題を解決するため、当センターでは基礎情報の収集や分析・解析を行い、必要とされる計 画を立案しています。さらに、衰退しつつある地域固有の生態系を、自然再生によって積極的に取り戻すための計画立案も行っています。