ホーム > センター概要 > 業務内容 > 野生生物の保護管理 > 重要生態系や希少種にかかる保全対策

センター概要

ここから本文です

重要生態系や希少種にかかる保全対策

新潟県上越市の棚田

ヤエヤマオオコウモリ

ハッチョウトンボ

レッドデータブック

日本は南北に長い島国という多様な環境を有し、さまざまな生態系が見られます。これらは、日本に特有な景観を示し、あるいは将来有用となる可能性を秘めた 生物資源として重要です。近年、人為により、失われたり損なわれたりした生態系の状況をさまざまな角度から調査し、現状を把握したうえで、どのような保全 を行っていけばよいか計画立案を行います。

また、この多様な環境に育まれて、日本には多くの生物が生息しています。なかには、人為により生息環 境を奪われ、個体数を減らし、絶滅の危機に瀕している種がいます。当センターでは、このような種の生息・生育環境と生息・生育状況を調査し、危機的な状況 をレッドデータブックにとりまとめたり、絶滅を防ぐための対策を立てています。

主な業務実績