ホーム > センター概要 > 業務内容 > 野生生物の保護管理 > 特定鳥獣保護管理計画

センター概要

ここから本文です

特定鳥獣保護管理計画

ツキノワグマ

シカ、クマ、イノシシ等を対象とした「特定鳥獣保護管理計画」を各都道府県が策定し、野生鳥獣の地域個体群の長期にわたる安定的維持および人との共生を目指しています。
当センターでは設立以来、大型哺乳類の保護管理に取り組んでおり、豊富な経験とノウハウを蓄積していますので、特定鳥獣保護管理計画の策定やモニタリング調査などに対応できます。特に、モニタリング調査で実施される捕獲個体分析などは、生物多様性分析室を設け、当センターの専任スタッフが直接行っています。

主な業務実績