ホーム > センター概要 > 情報セキュリティ方針

センター概要

ここから本文です

情報セキュリティ方針

 一般財団法人自然環境研究センター(以下、「当センター」という)は、国内及び国外の自然環境の保全に関する調査研究、情報の収集整理及び提供等を行い、もって自然環境保全の推進に資するとともに、人間社会と自然との共存関係をいかに保つかを、科学的・政策的に研究する機関として設立されました。
 そこで、当センターの社会的責任を果たすべく、各事業で取り扱う情報資産の機密性・完全性・可用性を確保し、かつ、国内外からの期待に応えるために、ここに、情報セキュリティ方針を定めます。

  1. 当センターは、利害関係者及び職員等の個人情報を含め、センター内に存在する資産に対してリスクアセスメントを実施し、必要な管理策を策定します。
  2. 当センターは、次の事項を満たす情報セキュリティ目的を設定し、文書化した情報として保持し、教育を通じて伝達し、その目的を果たすことを確実にします。
    • 情報セキュリティ方針と整合していること
    • 達成度合いが評価できること
    • 適用される情報セキュリティ要求事項、並びにリスクアセスメント及びリスク対応からの結果を考慮に入れていること
  3. 当センターは、情報セキュリティに関連する法的又は規制要求事項、並びに利害関係者へのセキュリティ義務を遵守します。
  4. 当センターは、情報セキュリティマネジメントシステムの改善を継続的に実施します。

 

情報セキュリティ方針制定日:2015年11月1日

理事長 大塚柳太郎