メニューをスキップします

一般財団法人 自然環境研究センター

トップ > 業務案内 > 自然環境情報の収集・整理 > 自然環境保全基礎調査に関する業務等

ここから本文です

自然環境保全基礎調査に関する業務等

自然環境保全基礎調査は「緑の国勢調査」とも呼ばれ、環境省が全国土を対象に実施して、基本的な自然環境情報を収集するものです。陸域、陸水域、海域などの広い領域について調査が行われていますが、その調査の一部を当センターは長い間担ってきました。

 

自然環境保全基礎調査

哺乳類の分布調査結果
哺乳類の分布調査結果

当センター発足当初の昭和53(1978)年より、自然環境保全基礎調査業務を行っています。哺乳類などの動物分布調査、身近ないきもの調査、いきものみっけ、いきものログ、種の多様性調査など様々な調査項目で関わり、日本の自然環境の基礎情報の収集、蓄積に大いに貢献しています。

 

 

モニタリングサイト1000調査

モニタリングサイト1000調査ロゴマーク
モニタリングサイト1000調査
ロゴマーク

本調査は、日本全国に1,000ヶ所程度の観測拠点を設定し、様々なタイプの生態系を長期的にモニタリングするものです。
当センターでは、いくつかの生態系について現地で調査を実施するほか、専門家や地域の団体等と連携しながら業務を進め、日本の自然環境の質的・量的な変化の把握に役立っています。

 

 

ページの先頭へ