メニューをスキップします

一般財団法人 自然環境研究センター

トップ > 業務案内 > 鳥獣の保護管理 > 大型哺乳類の保護管理

ここから本文です

大型哺乳類の保護管理

近年、ニホンジカやイノシシのように生息数が増加し、分布域が拡大している特定の 鳥獣による生態系影響や農林水産業被害が深刻化するなど、人と鳥獣との軋轢が顕在化し ています。

当センターでは設立以来、大型哺乳類の保護管理に取り組んでおり、豊富な経験とノウハウを基に、鳥獣保護管理法(鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律)に基づく特定鳥獣保護管理計画(特定計画)の策定支援やモニタリング調査など、国や地方自治体の様々な要請に対応しています。

 

特定鳥獣保護管理計画制度の推進

各種ガイドライン
各種ガイドライン

全国の特定鳥獣の保護管理に関する最新情報の収集や、有識者による保護管理検討会の開催等を通して、特定鳥獣保護管理計画(特定計画)制度の効果的な運用を支援しています。また、特定計画策定のための各種ガイドラインや効果的な保護管理手法等の最新情報をまとめた保護管理レポートを作成して、都道府県の鳥獣保護管理行政を支援しています。

 

 

特定鳥獣保護管理計画に関する調査/計画策定等

ツキノワグマへの発信器装着作業
ツキノワグマへの発信器装着作業

当センターでは設立以来、シカ、クマ、イノシシ等の大型哺乳類の保護管理に取り組んでおり、豊富な経験とノウハウを基に、特定鳥獣保護管理計画(特定計画)の策定支援や、鳥獣の生息状況や個体群予測、農林業被害の状況、生態系への影響などのモニタリング調査に対応しています。

 

 

特別天然記念物カモシカ保護地域特別調査

カモシカ生息密度調査(定点観察)
カモシカ生息密度調査
(定点観察)

全国に設定されているカモシカ保護地域において、昭和60年度から定期的に行われているカモシカの生息状況等調査(カモシカ保護地域特別調査業務)及び各地で行われているモニタリング調査(通常調査)の情報収集・整理を実施し、特別天然記念物であるカモシカの保護政策に寄与しています。

 

 

鳥獣保護管理に係る人材登録

ニホンジカ生息密度調査(糞粒法)
ニホンジカ生息密度調査
(糞粒法)

鳥獣保護管理の取組みについて専門的な知識や経験を有する技術者を登録し(鳥獣保護管理プランナー、捕獲コーディネーター、調査コーディネーター)、地方公共団体等の要請に応じて、登録者の情報を紹介する人材登録事業の事務局を運営しています(平成29年度現在)。また、人材登録事業の効果的な運用を図るための支援を行っています。

 

 

ページの先頭へ