メニューをスキップします

一般財団法人 自然環境研究センター

トップ > 業務案内 > 鳥獣の保護管理 > 保護地域における生態系保全のための鳥獣管理

ここから本文です

保護地域における生態系保全のための鳥獣管理

国立公園等は優れた自然環境を有し生物多様性の保全上重要な地域である一方、生態系が脆弱で外からのインパクトに影響を受けやすいという特徴があります。高山・亜高山帯へのニホンジカの拡大や、島嶼における外来種の侵入など、国立公園等の生態系を脅かす問題が各地で生じています。このような問題に対し、保護地域等における生態系を維持・再生するための野生鳥獣の管理や外来種対策に取り組んでいます。

 

国立公園における自然再生(大台ヶ原自然再生)

ニホンジカ捕獲用のくくりワナ設置風景
ニホンジカ捕獲用のくくりワナ
設置風景

吉野熊野国立公園の大台ヶ原では、1960 年代以降、森林生態系が衰退しています。そのため、「大台ヶ原自然再生推進計画」及び「大台ヶ原ニホンジカ第二種特定鳥獣管理計画」に基づき、自然再生事業が実施されています。

当センターでは、大台ヶ原のニホンジカを適正に管理するために、ニホンジカの個体数調整等を行うとともに、動物相や群集の回復状況を継続的にモニタリングすることで、大台ヶ原の自然再生推進に貢献しています。

 

 

高山・亜高山帯におけるニホンジカ対策
(南アルプス国立公園ニホンジカ対策調査)

南アルプス国立公園におけるニホンジカ
南アルプス国立公園における
ニホンジカ

近年のニホンジカによる高山・亜高山帯への影響は深刻化しており、高山植物を含め生態系へ与える影響は多大なものとなっています。

当センターでは、南アルプス国立公園においてニホンジカの生息状況等に関する各種モニタリング調査の実施や検討会を運営し、「南アルプスニホンジカ対策方針」の策定に寄与しています。

 

 

島嶼における生態系保全(小笠原諸島植生回復事業)

追い込み柵内のノヤギ
追い込み柵内のノヤギ

小笠原国立公園のいくつかの島では、過去に持ち込まれたヤギが野生化して、森林を破壊し、希少動植物の存続に悪影響を及ぼしています。

東京都事業として、森林の破壊を食い止め、希少動植物の生息・生育環境を保全するために、野生化ヤギ(ノヤギ)の排除や外来植物対策に関する調査、計画立案、モニタリング等を行っています。

 

 

 

ページの先頭へ